横浜市スポーツ医科学センター

  • アクセス
  • Q&A
  • リンク集
  • 文字サイズ A A A
  • お電話でのご予約・お問合わせは045-477-5050

リハビリ室コラム / Rehabilitation Column

膝蓋腱炎のリハビリテーション リハビリテーション科 木村 佑(理学療法士)

 膝蓋腱炎は膝前面の痛みを主とする慢性のスポーツ障害で、バレーボールやバスケットボールなどジャンプ、着地を頻回に行うスポーツを選手に多くみられます。最初はスポーツ後のみに痛みを感じ練習中には痛みを感じないことが多く、スポーツ活動を継続していくことで徐々にスポーツ中にも痛みが出現するようになります。さらに悪化すると痛みのためにプレーが困難になったり、階段昇降などの日常生活においても痛みを感じるようになります。

 膝蓋腱炎のリハビリテーションは、(1)膝蓋腱の炎症症状の鎮静化、(2)太もも前面と後面の筋のコンディショニングの改善、(3)膝蓋腱に負担のかからない動作の獲得を目的に行います。

(1)膝蓋腱の炎症症状の鎮静化

 膝蓋腱炎は安静時あるいは運動時にお皿の下に疼痛が生じ、進行すると同部位に圧痛が生じるようになります。患部に腫れや熱感がある場合は、アイシングや物理療法により炎症の鎮静化を図ります。

(2)太もも前面と後面の筋のコンディショニング改善


(3)膝蓋腱に負担のかからない動作の獲得

 再発の予防には動作の改善が不可欠となります。膝蓋腱炎の患者さんには、スクワット姿勢において足首や股関節がしっかりと曲がっておらず、動作時に体幹前傾が保てない方が多く見られます。体幹前傾が保てず後方重心になることで太もも前面の筋群が過活動となり膝蓋腱への負担が増大するため、スクワットや着地動作などの正しい動作獲得することが重要です。

 膝蓋腱炎は、初期の痛みが軽いため、スポーツを休止するタイミングや医療機関にかかるタイミングを見失い、日常生活での痛みを感じるほどまで悪化してから病院を訪れる患者さんも少なくありません。初期の状態であれば、太ももの筋肉のコンディショニング改善や動作指導のみで、早期に疼痛なくスポーツ復帰が可能なことも多いため、進行した状態で来院し長期間の運動休止やリハビリを余儀なくされる方を見ると残念に感じます。数日間痛みが続く場合や膝のお皿の下の熱感や圧痛を感じている場合は速やかにスポーツ整形外科を受診する事をお勧めします。