横浜市スポーツ医科学センター

  • アクセス
  • Q&A
  • リンク集
  • 文字サイズ A A A
  • お電話でのご予約・お問合わせは045-477-5050

リハビリ室コラム / Rehabilitation Column

膝半月板損傷のリハビリテーション リハビリテーション科 木村 佑(理学療法士)

 半月板は膝関節の内側と外側にひとつずつ存在し、膝に加わる荷重ストレスの分散や膝関節の安定性に貢献しています。膝半月板損傷は一回の大きな外力により半月板が痛んでしまう場合と小さなストレスの積み重ねにより少しずつ痛んでいく場合があります。スポーツ選手によく見られるのは前者で、サッカーやラグビー、バスケットボールなどカッティングやジャンプを頻回に行うスポーツ選手に生じやすいと言われています。受傷場面の特徴としてはダッシュからの方向転換時やジャンプからの着地時に多く見られ、動作中に不自然な方向に膝を捻って損傷してしまうことが多いです。

 半月板損傷の治療は、損傷の程度や部位により保存的に治療が可能な場合と手術が必要になる場合があります。損傷した部位の自然修復が期待される場合は、安静とリハビリテーションを行いスポーツ復帰を目指します。しかし、半月板の修復が望めない部分の損傷や、膝関節内に半月板が引っかかり膝が動かなくなってしまった場合には手術が必要となります。半月板損傷の詳細な診断にはMRI検査が有用です。当院にはMRI設備があり、また、膝を専門とする医師が勤務しているため、的確な診断が行えます。

 膝半月板損傷のリハビリテーションは、(1)炎症の管理、(2)膝関節機能の改善、(3)動作の改善を目的に進行し、必要に応じて(4)テーピングを行います。

(1)炎症の管理

半月板を損傷すると炎症による熱感や腫脹が生じます。炎症を早期に沈静化させるためにアイシングや超音波治療を行います。

(2)膝関節機能の改善

 受傷後は腫脹や痛みの影響により膝関節の動きが悪くなります。関節の動きに制限があると歩行動作の不良や筋力低下が生じるため、膝関節の柔軟性を高めるリハビリや膝に負担のかからない筋力トレーニングを行います。。

(3)動作の改善

 半月板損傷は足の方向に対して膝が内側に向いた状態でカッティングや着地をすることにより生じやすいといわれています。スポーツに復帰する際は、鏡を用いて自分の動作を確認しながら、再発リスクの少ない動作を習得します。。

(4)テーピング

復帰に際して、動作時の不安が残るようであれば必要に応じてテーピングを巻きます。